軽貨物配送ドライバー お仕事ブログ

ドライブシェアアプリ「CREW」。新たに10億円の資金調達

Uber(ウーバー)をはじめ、運転にかかわるサービスは相変わらず活気がありますね。
今回はドライブシェアアプリ「CREW」を運営する会社Azitが、新たに10億円の資金調達を行うとのニュースがありました。
 
ドライブシェアアプリ「CREW」は、ドライバーと利用者とをマッチングするサービス。
面白いのは、報酬についてちょっと変わった方法をとっていて、それが現状の法的解釈上ではホワイトっぽいところにあります。
 
ウーバーは各国で厳しい規制があり、なかなかサービスが拡大しない印象があります。
TechCrunch Japanによると
CREWでは「乗せてもらった側が支払うのは、実費とプラットフォームの利用料に加えて、乗る方が任意に決められる『感謝料』」という形を取ることで、「運送に対する直接の対価が発生しない『無償運送行為』にあたる」としている。これにより、いわゆる「白タク」ではない、合法のサービスであるとの解釈を採っている。
とのことですね。

うーん、やりますね。

軽配送のサービスでも、こういうのができると面白いですね。
軽配送も先行サービスはありますが、まだまだこれからですので。

最近のブログ